10通年、片思いしたヤツと再度会う

(20フィー ゴニン タマキ)
 小学5年生のとき、自身は初恋しました。
瞬間惚れという者です。綺麗なお子さんであり、可愛いお子さんで、ショートカットに眼鏡をかけていました。ただ、「不思議なお子さんだなぁ」といまでも、思います。それは、前向きチックでもなく、遊ばないお子さん。
自身の周りに、おとなしい幼子はいませんでした。当時の自身には、自分自身にも周りにも無い『特色』があったのだと思います。
自身はサウンドかけると、ただ、自身を見つめ、何も言わずに、去っていく。嫌われているのか、何を考えているのか、わかりませんでした。けれども、一緒に行動することに、妻は不愉快じゃなかったと思います。否、不愉快だったのかもしれない。それでも、自身は側にいたかった。ただ、妻の側におけるため、癒されたからです。現在思えば、身勝手な幼子でした。
 自身は中学生のとき、カミングアウトをしました。
「お前みたいな悪趣味なもの、自身は好きだぞ」
「・・・」
ずらかれました。現在思えば、あんなカミングアウトのコツはないだろ。と思い今でも後悔している。・・・でも、自身は異性を止められなかった。
中二の頃、妻が転校してしまった。何も教えてくれませんでした。自身は泣きましたね。一体全体ワンポイント、言ってくれればいいのにと、今でも思います。そうしたら、自身は十年ぐらいの片思いを自身は続けました。ふたたびあって、正しくカミングアウトしたい。一際思い続けていた。
 最近ある勤め先から、違う勤め先へと自身は異動しました。
その異動先に妻がいました。確実ありません。十年経っても面影は残っているヤツですね。最もの確約が、十通年、異性ができなかったのに、異性をしましたから。自身は嬉しかった。ただ、苗字が違いました。結婚したのでしょう。ようやく自身は確認できずに、妻と更に、別れることになります。クビですね。労働に至って林立できなかった。けど、妻は昔と違い、笑って、面白く過ごしていたから。良かったです。自身は次の異性が探せる。それほど信じています。www.giovannisislavista.com

10通年、片思いしたヤツと再度会う